本文へ移動

ついに安打数リーグ単独トップに躍り出た!中日・大島が2試合連続マルチで「133」に伸ばす

2020年10月22日 20時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏1死、大島が右前打を放つ。投手平良

3回裏1死、大島が右前打を放つ。投手平良

◇22日 中日―DeNA(ナゴヤドーム)
 ついに単独で頂点に立った。前日にマルチ安打を放ち、安打数でリーグトップに並んでいた大島。この日も第2打席までに2安打を記録。今季の安打数を133本に伸ばし、単独トップに躍り出た。
 まずは1回、先頭でカウント1―1から内角の速球をとらえる。打球は一二塁間を鋭く抜けると、右前へと転がった。さらに3回には1死走者なしで真ん中に入ってきたシンカーを強振。まるで第1打席の再現VTRをみるような当たりで右前へと運んだ。
 安打数で並んでいたDeNA・佐野は背中の張りのため、この日もスタメンから外れた。ライバルが「131」で足踏みする中、2試合連続のマルチ安打で抜き去ると、さらに次の打席でリードを2本差に広げた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ