本文へ移動

『日本は遠藤がいた頃がベストのチームだった…』 アルホール・小林祐希の“ヤット愛”にファン反響!

2020年10月22日 18時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011韓国戦での日本代表メンバー

2011韓国戦での日本代表メンバー

 サッカー元日本代表で、アルホール(カタール)のMF小林祐希(28)が22日、自身のツイッターを更新した。2016年8月から今年9月まで、オランダやベルギーでプレーしてきた小林は「ヨーロッパにいた時は本田圭佑選手や香川真司選手、中村俊輔選手の事をチームメイトからよく聞かれた。カタールに来てからは遠藤保仁選手の名前が1番挙がる。『日本は遠藤がいた頃がベストのチームだった』って」とつづった。
 ファンからは「自分のことのようにうれしいな」「自分もヤットさんが活躍してた頃の代表がダントツで好きやった」などと喜びの声が上がり、「小林選手ありがとう」と、小林へ感謝する書き込みもあった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ