高橋真麻、産後5カ月で断乳し“完ミ”育児中 『母乳神話』に悩むママへ「前向きな気持ち持って」

2020年10月22日 15時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋真麻

高橋真麻

  • 高橋真麻
 5月1日に第1子となる女児の出産を報告したフリーアナウンサーの高橋真麻(39)が22日、自身のブログを更新。産後5カ月で断乳し、粉ミルクにお世話になっていることを明かした。
 「実はわたくし、卒乳しておりました」と母乳をやめ、粉ミルクを乳児にあげる「完全ミルク」(通称・完ミ)育児をしていると報告。「元々、あまり母乳の出が良くなくて ポジティブシンキングの私もさすがに悩んだり色々なマッサージや方法も試しました。それでも軌道に乗らず、1人落ち込むこともありました」と振り返った。
 近年は「粉ミルクではなく母乳が赤ちゃんに最適」というイメージ『母乳神話』に産婦が悩まされることが多い。高橋も「特に母乳神話に苦しめられ、卒乳しても何だか心苦しくて家族にさえ言えないでいました」と思い悩んだ。「同じ悩みや、悲しい気持ちになっているママ達に安心感と、前向きな気持ちを持ってもらいたく わざわざ公の場で言う必要もないのですがこうしてブログに書くことにしました」と断乳を公表した経緯を説明した。
 続いて「卒乳しても我が子はめちゃくちゃ元気ですくすく育ち、離乳食ももりもり食べ始めています。『授乳』というコミユニケーションがない分 たくさん抱きしめ、お話し、遊んで、いっぱいいっぱい愛情をかけています」と生後5カ月の娘が良好に育っていることを報告した。
 さらに「母乳=母の愛情ではありません。それぞれの事情やそれぞれ体調があります。母乳神話は母乳神話で、一理あるとも思っています。だから心苦しい気もしていましたが私は私。誰よりも娘に愛情をかけている自信があるからこそ、臆病になることなくいまの子育てをリアルに伝えていきたいと思います」と決意をしたためた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ