民謡再開、芸の集大成を 名古屋でサンキュー若駒公演

2020年10月22日 16時00分 (10月22日 16時00分更新) 会員限定
若駒の「マタギ」の一場面

若駒の「マタギ」の一場面

  • 若駒の「マタギ」の一場面
 結成三十九周年の民謡集団、若駒が芸の集大成を披露する「39(サンキュー)若駒公演」を十一月三日午後一時から、名古屋・新栄の市芸術創造センターで開く。コロナ禍で舞台活動がストップした名古屋民謡界では再開先陣となる。
 故伊藤清光、山崎定道、中村優利、内藤千賀弘、矢下勇珀、藤山音三の芸達者が集まり、民謡の本流を追求しつつ、芝居などを交えた構成で唄や三味線を披露し、民謡界に新風を吹き込んできた。
 四部構成で第一部は「伊勢物語」、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

エンタメの最新ニュース

記事一覧