本文へ移動

【NHK朝ドラ「エール」明日はどうなる】裕一は原爆が投下された長崎を訪れ、一気に曲を書き上げる

2020年10月22日 13時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柿澤勇人

柿澤勇人

〈10月23日(金)午前8時ほか放送〉

 裕一(窪田正孝)は映画「長崎の鐘」の主題歌制作のために、長崎を訪れる。原爆投下直後に永田医師(吉岡秀隆)が患者を治療した現場を見たり、永田の妹・ユリカ(中村ゆり)から当時の話を聞いたりして、永田が書いた「どん底に大地あり」の真意に近づこうと思いを巡らす。
 そして裕一は、ある答えを見つけて一気に曲を書き上げるのだった。そして、「長崎の鐘」を山藤太郎(柿澤勇人)に歌ってほしいと訪ねる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ