カキ生産支援へ新養殖法 小浜で試験開始、収穫や出荷省力化

2020年10月22日 05時00分 (10月22日 10時53分更新) 会員限定
マガキの稚貝をバスケットに入れる大住さん(左)=小浜市の仏谷漁港で

マガキの稚貝をバスケットに入れる大住さん(左)=小浜市の仏谷漁港で

  • マガキの稚貝をバスケットに入れる大住さん(左)=小浜市の仏谷漁港で
  • マガキの稚貝=小浜市の仏谷漁港で

 一粒ずつばらばらになった稚貝を編み目のバスケットの中で育てるシングルシードマガキの本年度の試験養殖が、小浜市の仏谷漁港沖で二十日に始まった。海中でカキの殻がこすれ合うことでホヤや海藻が付着しにくくなり、収穫や出荷作業の省力化が期待される。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧