本文へ移動

陣跡の土で作った土壁披露 関ケ原古戦場記念館開館

2020年10月22日 05時00分 (10月22日 10時25分更新)
徳川家康と石田三成の家紋を意識して制作された土壁を解説する挟土さん=関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館で

徳川家康と石田三成の家紋を意識して制作された土壁を解説する挟土さん=関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館で

  • 徳川家康と石田三成の家紋を意識して制作された土壁を解説する挟土さん=関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館で
  • 先祖にまつわるトークを繰り広げる6武将の子孫たち=関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館で
 関ケ原町の観光拠点として県が整備した岐阜関ケ原古戦場記念館が二十一日、関ケ原合戦から四百二十年の節目の年に開館した。オープン記念式典には、合戦を繰り広げた徳川家康や石田三成ら六武将の子孫も参加してのトークショーなどがあった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報