輪島でキス束釣り

2020年10月22日 05時00分 (10月22日 10時41分更新)

◇能登内浦


 七尾湾・灘浦 【岸】七尾港−能登島周辺では、エギでアオリイカが1人1〜10匹。浮き釣りでクロダイの35センチ前後、投げ釣りでキスの15〜20センチ前後が狙える。イイダコの釣果が上向いてきた【船】観音崎−能登島沖では、エギでアオリイカが1人10〜30匹、ジグ、タイラバでマダイ、フクラギ、キジハタ、シイラが狙える=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038
 穴水周辺 【岸】最大24センチのアオリイカが多い人で15匹釣れた。40〜48センチのマゴチがワームで釣れている。58〜70センチのスズキも釣れている【船】62センチのマダイがタイラバで釣れた。アオリイカは日によってむらがあるが、半日で5〜30匹ほど釣れている。キジハタ、マハタ、カサゴがインチク、タイラバで狙える=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727
 九十九湾周辺 【岸】能登町の姫港で52センチのクロダイが揚がった。アオリイカは多い人でも10匹前後と低調。アジは15〜25センチのものが多くて200匹ほど釣れている。カワハギやフクラギも狙える=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425
 珠洲海岸 【岸】各地で大小のアオリイカが多くて60匹ほど揚がっている。飯田港などでアジやキス、クロダイも狙えそう=珠洲市宝立町鵜島、越後屋釣具店(電)0768(84)2141

◇能登外浦


 輪島周辺 【岸】曽々木海岸や大川浜でキスの好調が続き、平均18センチで100匹ほど釣れた。アオリイカは釣果にばらつきがあるが、20匹釣ったケースも。各地の堤防ではアジが狙え、25センチほどが20〜30匹。時間は夕方が良い【船】マダイ、キジハタ、カサゴが主流でタイラバやジグで狙える。フクラギやガンドも揚がっている。アジやカマスのサビキ釣りも良い=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118
 羽咋周辺 【岸】羽咋川で50〜70センチのシーバスがルアーで1、2匹、30〜48センチのクロダイがイカの切り身、ユムシで1、2匹。羽咋周辺の港でアジは豆アジ〜25センチ、キスは10〜20匹ほど。多い人で10匹超とサゴシがよく釣れている。胴長10〜20センチのアオリイカが1〜8匹ほど【船】羽咋−志賀町沖でカサゴ、ヒラメ、フクラギ、ガンド、マダイが釣れている。アオリイカは10〜30匹ほど=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

◇金沢・加賀


 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】12〜20センチのキスが15〜30匹。10〜18センチのハゼが10〜30匹。10センチ前後のアジが5〜10匹釣れる。穴釣りで15〜20センチのカサゴとソイが10匹前後。20〜25センチのカマスが20〜30匹。20〜40センチのクロダイが2匹ほど【船】15〜25センチのアジが10〜30匹。40〜60センチのマダイが約2匹。40〜60センチのフクラギとガンドが3匹ほど。20センチ前後のチダイが5〜10匹釣れる。20〜25センチのアジが10〜20匹。40〜60センチのヒラメが2匹ほど狙える=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010
 松任・美川周辺 【岸】手取川下流で、70センチのシーバスがルアー釣りで釣れる。根上海岸でキスが、手取川ではハゼが狙える可能性がある=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367
 小松周辺 【岸】安宅海岸で、20〜28センチのキスが10〜30匹釣れる。梯川で10〜15センチのハゼが多くて20〜30匹。サビキ釣りで、10センチ前後の豆アジも釣れる=前記同
 加賀周辺 【岸】片山津海岸で、15〜23センチのアオリイカが多くて18匹。加賀海岸でキスが10〜30匹釣れる。橋立漁港では豆アジが好調、50センチのヒラメが揚がった人もいる。塩屋海岸でも豆アジが釣れる=前記同

◇富山


 富山市周辺 【岸】10〜15センチのハゼが20〜30匹。胴長12〜20センチのアオリイカが1、2匹。5センチほどの豆アジが30〜40匹=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901
 新湊周辺 【岸】漁港周辺では小アジやサヨリが引き続き釣れている。アオリイカも揚がっている。越ノ潟方面では、むらがあるものの、投げサビキでカマスが釣れている。フクラギも回ってきており、メタルジグで狙える。消波ブロック周辺や堤防ではクロダイがぽつぽつと揚がっている【沖】アオリイカを狙う人が多い。キジハタやフクラギのほか、場所によってはマダイも釣れている=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280
 氷見周辺 【岸】各漁港では、サヨリが釣れている。20〜30センチが20〜50匹。アオリイカは胴長10〜18センチが2〜10匹。クロダイは手のひら大から45センチが2〜5匹狙える。メジナは20〜28センチが5〜30匹。河口ではハゼが釣れており、15〜25センチが10〜30匹【沖】フクラギは35センチ前後が10〜30匹、カマスは30センチ前後が10〜40匹揚がっている。マダイやアマダイ、チダイ、カサゴ、キジハタは合わせて5〜15匹ほど。マダイの大物は40センチ=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

◇福井


 三国方面 朝方や夕方にアオリイカが釣れる。防波堤や雄島の近辺ではサゴシが釣れる=坂井市三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712
 越前海岸 アオリイカやアジがぽつぽつ釣れている。アオリイカは胴長20センチ大の割合も増えている。青物やマダイなどは、水温が下がってくるこれからが本番=鯖江市三六町、小林釣具店(電)0778(51)1452
 敦賀湾 敦賀半島に沿ってクロダイが好調。水温が高く、まだ30〜37センチほど。フカセ釣りで。敦賀新港では、朝夕を中心に8〜12センチほどの豆アジ。投げサビキであれば、15センチ以上も狙える=敦賀市赤崎、つりエサスーパー越前(電)0770(36)1142

関連キーワード

PR情報