阪神の福留、来季構想外か

2020年10月22日 05時00分 (10月22日 05時01分更新) 会員限定
 日米通算2407安打の実績を持つ阪神の福留孝介外野手(43)が、球団の来季チーム構想から外れていることが21日、関係者への取材で分かった。プロ22年目の今季は不振から抜け出せず、この日4打数無安打に終わったウエスタン・リーグのオリックス戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)後は報道陣の問い掛けに無言だった。
 現役最年長で迎えた今季は出場43試合で打率1割5分4厘、1本塁打、12打点。代打要員となっていた中、9月に遠征先で球団ルールを上回る人数で会食していたことが判明。出席者の新型コロナウイルス感染が確認され、球団独自の濃厚接触者扱いとして25日に出場選手登録を外れた。

関連キーワード

PR情報

スポーツの最新ニュース

記事一覧