本文へ移動

CSへ暗雲…ロッテのマーティン自力で立ち上がれず…一塁ベースを踏んだ際に左足痛める

2020年10月21日 20時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
左足を痛めて苦悶(くもん)の表情を浮かべるロッテのマーティン(中央)

左足を痛めて苦悶(くもん)の表情を浮かべるロッテのマーティン(中央)

◇21日 西武ーロッテ(メットライフドーム)
 ロッテのレオネス・マーティン外野手(32)が21日、メットライフドームでの西武戦で走塁で左足を痛めるアクシデントで途中退場した。
 1点を追う7回無死一、三塁で遊ゴロを放ち、併殺打に打ち取られたものの、一塁ベースを踏んだ際に痛めた。一塁を駆け抜けた後は苦悶(くもん)の表情で倒れ込み、左足首付近の激痛を訴えた。この間に同点の走者がホームインしたが、マーティンは自力で立ち上がることができず、選手におぶわれてベンチに下がった。
 けがの程度については球団から発表はまだないが、大事なシーズン終盤戦で大きな戦力を失う恐れがある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ