本文へ移動

アーモンドアイ 天皇賞制覇へ1週前追い切り好調 国枝師「予定通りに来ている、心配な点はない」

2020年10月21日 17時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
C・ルメール騎手を背に美浦Wで天皇賞秋1週前追い切りをおこなったアーモンドアイ=美浦トレセン

C・ルメール騎手を背に美浦Wで天皇賞秋1週前追い切りをおこなったアーモンドアイ=美浦トレセン

 6月の安田記念2着以来となるアーモンドアイが、天皇賞・秋の1週前追い切りを行った。美浦Wで同厩のロジスカーレット(5歳2勝クラス)、サトノフラッグ(3歳オープン)を0秒9追走し、直線では最内に潜り込んで外のサトノフラッグに0秒1先着。タイムは5F65秒0―37秒7―12秒8を余裕たっぷりにマークした。
 手綱を取ったルメールは「とても状態はよさそう。動きは悪くなかった。いい追い切りができたし、リフレッシュしているね」と終始ご機嫌。さらに「(来週の)最終追い切りも騎乗する予定」と笑顔で続けた。
 国枝師は「昨年と同じローテーションで予定通りにきている。この馬の力を出せればいい。心配な点はない」と順調な仕上がりをアピール。前人未到のJRA・芝G18勝目へ万全の態勢が整いつつある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ