井上尚弥がラスベガスでジムワークを開始 「改めて調子がイイ!」夕食はステーキをぺろり

2020年10月21日 16時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップランクジムで練習する井上尚弥(大橋ジム提供)

トップランクジムで練習する井上尚弥(大橋ジム提供)

  • トップランクジムで練習する井上尚弥(大橋ジム提供)
 ボクシングのWBA・IBF統一バンタム級王者で、31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドで開催される同級防衛戦のため米国入りしている井上尚弥(27)=大橋=が20日(日本時間21日)、現地でジムワークを開始した。大橋ジムによると、同市内のトップランク・ジムで、同行している前日本スーパーライト級王者でいとこの井上浩樹さんをパートナーとしたミット打ちに加えシャドーボクシング、サンドバッグ、縄跳びというメニューをこなした。
 「初練習終えて改めて調子がイイ! 自分自身に期待したい」と、井上尚は自らのツイッターにコメント、100点の絵文字も加えた。浩樹さんは同じくツイッターで「ミット持ってんだけど腕壊れそう」と、舌を巻いた。夕食はテークアウトでステーキを平らげたという。なお、19日に受けたPCR検査の結果は渡米前と同様にスタッフ全員が陰性だった。
 トップランクジムは井上尚が契約する米国の大手プロモート会社が同市中心部に所有するプライベートジム。陣営は今後ここを拠点に練習を重ねて試合に備える。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ