四大陸V無良崇人さんがアドバイザー シニア転向初戦NHK杯に臨む佐藤駿 ライバル鍵山より自分との勝負

2020年10月21日 15時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
報道陣に練習を公開した佐藤駿

報道陣に練習を公開した佐藤駿

  • 報道陣に練習を公開した佐藤駿
  • 公開練習で笑顔を見せる佐藤駿
 フィギュアスケート男子で、2019年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が21日、埼玉県内で練習を公開し、2014年四大陸選手権を制したプロスケーター無良崇人さん(29)に指導を受けていると明かした。
 今季からシニア転向した高校2年生。練習拠点が一緒の無良さんと顔を合わせてるうちに、1~2カ月前から週2、3回のペースで教わるようになったという。
 「アドバイスが的確で、ここはこうだよって動きながら見せてくれるのでわかりやすい。自分的にも上手になったなと思う」。周囲は滑りの迫力が増したと見ており、飛躍に強力なアドバイザーを得たようだ。
 トップクラスの争いで武器にしたい4回転ジャンプに磨きをかける。これまでは自分の感覚で跳んでいたそうだが、「足と手を同時に動かした方がいい」という無良さんの助言に、好感触を得る。週1回の筋トレ成果もあり、「筋肉が付いてきて、力を入れて跳べるようになった」と手応えを口にする。
 関東選手権は左股関節付近を打撲し、同級生の好敵手、鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=の後塵(こうじん)を拝した。11月には東日本選手権を挟んで、シニア初となるGPシリーズのNHK杯がある。「ノーミスで、自分が納得する演技をすることが大事」。ベクトルを相手ではなく自身に向けて、成長の軌跡を描く。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ