耳が聞こえない人と一緒にどう避難? 阿智第一小で授業

2020年10月21日 05時00分 (10月21日 11時52分更新) 会員限定
手話で会話する片山さん(右)と児童ら=阿智村で

手話で会話する片山さん(右)と児童ら=阿智村で

  • 手話で会話する片山さん(右)と児童ら=阿智村で

 阿智村阿智第一小学校の四年生二十四人が二十日、障害のある人々と災害について考える特別授業を受けた。聴覚障害がある飯田市大瀬木の片山茂さんと手話通訳士の玉置優子さんを講師に招き、災害時に聴覚障害者とどう一緒に避難するか考えた。(二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧