中日・守護神R・マルティネスに異変か? リーグ最多セーブ右腕が練習グラウンドに現れず 指揮官も明言避ける

2020年10月20日 22時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
控え選手を表示する「106ビジョン」。試合前練習に姿を見せなかったR・マルティネスの名前もある

控え選手を表示する「106ビジョン」。試合前練習に姿を見せなかったR・マルティネスの名前もある

  • 控え選手を表示する「106ビジョン」。試合前練習に姿を見せなかったR・マルティネスの名前もある
 ◇20日 中日6―1DeNA(ナゴヤドーム)
 守護神に何らかの異変があったのか―。阪神のスアレスと並ぶリーグ最多21セーブを挙げている中日のライデル・マルティネス投手(24)が試合前の練習でグラウンドに姿を見せなかった。与田監督は「特にリリースするような話は何もない。いろんなコンディショニングのことで起用は変えているので」と答えた。
 6回終了時にリード試合は34連勝。この神話を支える“大福マル”の一角だけに、21日以降の起用法が気になるところ。問題ないか―。そう聞かれた指揮官は「う~ん…。だと思います。毎日、毎日何が起きるか分からないが…」と明言を避けた。3点差でも9回は祖父江だったのかは「戦略はいろいろあるので、事細かいことは言えない」と言葉を濁した。R・マルティネスはベンチ入り登録はされたものの、この日は最初から登板予定はなかったようだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ