竹内涼真が“18歳若返る”!ミュージカル初挑戦『17AGAIN』主演「がむしゃらにやるしかない」

2020年10月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公開されたメインビジュアル。下が17歳、上が35歳を演じる竹内

公開されたメインビジュアル。下が17歳、上が35歳を演じる竹内

  • 公開されたメインビジュアル。下が17歳、上が35歳を演じる竹内
 俳優の竹内涼真(27)が、大ヒット映画をミュージカル化し世界初演となる「17AGAIN(セブンティーン・アゲイン)」(谷賢一演出、来年5月16日~6月6日、東京・東京建物Brillia HALL)でミュージカルに初挑戦で初主演することが決まった。
 同作はハリウッドスターのザック・エフロン(33)主演で2009年に公開され全米初登場1位を記録したコメディー映画を世界で初めてミュージカル化する作品。人生を甘んじて受け入れ、負け組になっていた35歳の男が、バスケットボールのスター選手だった17歳のころの姿に戻り、もう1度人生をやり直そうと奮起する姿を描く。竹内は17歳と35歳の主人公の2役を演じる。
 共演は主人公と離婚協議中の妻役をソニン(37)、主人公の大親友をエハラマサヒロ(38)、反抗期の17歳の娘を桜井日奈子(23)、その15歳の弟を男性ダンス&ボーカルグループWATWINGのメンバー・福澤希空(のあ、16)が演じる。
 公開されたビジュアルでは髪形と衣装ですっかり2役になりきった竹内。本番ではステージに生バンドが入り、アラン・ザッカリー&マイケル・ウェイナー作詞作曲のロック・ポップ調のナンバーを15曲ほど披露する。
 竹内は昨年9月から歌、今年6月からダンスを講師とマンツーマンでレッスン中だ。コロナ禍で活動自粛中は中断したものの、その後、ソーシャルディスタンスや換気に細心の注意を払いながら週に1、2回、1回2時間半のレッスンに励み、ミュージカル仕様に“肉体改造”中。来年3月中旬からの稽古に備えている。
 竹内は「まだ舞台化されていない作品なので、最初にやらせていただきます、すみませんという気持ちもありますが、がむしゃらにやるしかないですね。不安はありますが死にもの狂いで稽古して、お客さまの前で自分も楽しめるように、しっかり準備をしたいと思います」と意気込み。「舞台を終えた後、たぶん今の自分が想像しているものとは全く別の感覚や気持ちになると思うので、それも楽しみです」と先を見据えた。
 名古屋公演は来年6月30日から7月11日まで御園座で。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ