本文へ移動

<台風19号1年> リンゴ農家応援レシピが本に

2020年10月21日 05時00分 (10月21日 05時00分更新)
被災した農家を応援するために出版された「りんごのレシピ」=CookForJapan提供

被災した農家を応援するために出版された「りんごのレシピ」=CookForJapan提供

  • 被災した農家を応援するために出版された「りんごのレシピ」=CookForJapan提供
  • オンラインで取材に応える神谷さん
 昨年十月の台風19号災害で被災した長野市のリンゴ農家を応援するため、一般社団法人「CookForJapan(クックフォージャパン)」が災害から一年に合わせて「りんごのレシピ」を出版し、インターネットで販売を始めた。売上金は被災地支援に充てる。法人代表を務めるフランス在住のシェフ神谷隆幸さん(41)は「被災地を思い出してリンゴを買うきっかけにつながれば」と話している。(城石愛麻)
 フランスでリンゴ農家の惨状を知った神谷さんは、被災した農家からリンゴを購入した人に、「門外不出」としていたリンゴ菓子のレシピをツイッターで公開する活動を始めた。他のシェフらにも共感は広がり、それぞれが温め続けていた百以上のレシピを公開、被災地の支援につなげた。
 「りんごのレシピ」に収めたのはリンゴを使った計三十五種類の菓子や料理。ツイッターで公開してきたレシピだけでなく、初公開のレシピもある。材料の一覧や調理の過程を説明する写真とともに、それぞれの料理に合ったリンゴの種類も書き添えた。
 それらのレシピは神谷さんの取り組みに賛同したシェフや一般人が無償で提供。被災した農地や復旧の様子を記録した写真を交え、各農家...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧