本文へ移動

認知症行方不明者、7年で倍増 昨年1万7500人

2020年10月21日 05時00分 (10月21日 05時00分更新)
行方不明になっている黒須ひろ子さんの情報提供を求めるチラシ=家族提供

行方不明になっている黒須ひろ子さんの情報提供を求めるチラシ=家族提供

  • 行方不明になっている黒須ひろ子さんの情報提供を求めるチラシ=家族提供
  • GPS入りの靴を履いている清水イサヲさん(右)と夫の利男さん=群馬県高崎市提供
 高齢化に伴い、認知症が原因で行方不明になる人が増えている。昨年は全国で約一万七千五百人に上り、七年連続で過去最多を更新した。各自治体は居場所が分かる衛星利用測位システム(GPS)や、スマートフォンのアプリを駆使して捜索するなど、あの手この手の対策を取っている。専門家は地域ぐるみの見守り態勢づくりを訴える。(細川暁子)
 認知症の黒須ひろ子さん(71)は、六月に横浜市の自宅を出てから行方が分からない。四カ月以上捜し続けている長男の裕章さん(44)は「こんなに見つからないなんて…」と声を落とす。
 ひろ子さんは要介護5で、夫(74)と次男と三人で暮らし、週三回デイサービス(通所介護)を利用していた。二年ほど前から、自宅にいるのに「ここは自分の家ではない。本当の家に帰りたい」と訴えるなど、認知症の症状が出始めた。
 夫は玄関の手の届かない位置に鍵を付けて注意していたが、ひろ子さんは夫の目を盗み、窓から出ていくことも。夫はひろ子さんのかばんにGPSを忍ばせたが、見つけたひろ子さんはかばんを持ち歩かなくなった。行方不明になったのは、家族がケアマネジャーらと相談し、ひろ子さんをグループホームに入所させ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

暮らし・子育ての新着

記事一覧