本文へ移動

茂木健一郎氏『魅力度ランキング』“スルー”の勧め「思うつぼ…調査自体が筋が悪いんだから」

2020年10月20日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
茂木健一郎氏

茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が20日、自身のツイッターを更新。「都道府県魅力度ランキング」で栃木県が初めて最下位に転落したことで同県の福田知事が調査会社に直談判する意向を示したニュースを引用し、「調査自体が筋が悪いんだから、無視したらいいと思う」と投稿した。
 14日に発表された「魅力度ランキング」では、7年連続最下位だった茨城県が“定位置”を脱出し、代わって前年43位だった“北関東のライバル”栃木県が最下位に転落した。茂木氏は順位に一喜一憂することを指してか、「調査会社の思うつぼで、そもそも、こんなランキングの意味は限られているし、絶対値じゃなくて順位をつけたら、どこかが最下位になるに決まっている」と指摘。その上で、「調査自体が筋が悪い」として“スルー”することを勧めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ