本文へ移動

コロナ感染のロッテ荻野&藤岡が復帰即スタメン「2番・中堅」「9番・遊撃」

2020年10月20日 17時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・荻野貴司(左)と藤岡裕大

ロッテ・荻野貴司(左)と藤岡裕大

◇20日 西武-ロッテ(メットライフ)
 新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたロッテの荻野貴司外野手(34)と藤岡裕大内野手(27)が20日、出場選手登録され、同日のメットライフドームでの西武戦でスタメン起用された。荻野は「2番・中堅」、藤岡は「9番・遊撃」で出場する。
 チームでは新型コロナの集団感染が発生し、2人は4日に受けたPCR検査で感染が判明。19日に1軍に合流したが、同日の日本ハム戦(ZOZOマリン)が雨天中止となり、井口監督は「2人とも先発でいく予定だった」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ