本文へ移動

巨人ドラフト1位は公表せずも近大・佐藤輝明が最有力…大塚副代表「10年に1人の逸材」外れ1位は即戦力投手を確認

2020年10月20日 17時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
近大の佐藤輝明

近大の佐藤輝明

 巨人は20日、球団事務所でスカウト会議を開き、原辰徳監督(62)や元木大介ヘッドコーチ(48)らを交え、映像などを確認しながら約3時間話し合った。公表はしていないが、ドラフト1位は近大の佐藤輝明内野手(21)が最有力となっている。
 大塚副代表は「10年に1人の逸材ですから。間違いというか、変更のない選手」と話した。重複の場合のくじ引き役は原監督が務める。抽選に外れた場合は即戦力投手を指名する方針も確認された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ