本文へ移動

元℃-uteリーダー矢島舞美 “赤い公園”津野米咲さんに感謝「『夢』を通して背中押してもらった…ずっとずっと大切な曲」

2020年10月20日 10時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢島舞美

矢島舞美

 元℃-uteのリーダー矢島舞美(28)が19日、自身のインスタグラムを更新。女性ロックバンド「赤い公園」のギタリスト・津野米咲さん(29)が亡くなったことを受け、提供楽曲に激励されたことを感謝しながら死を悼んだ。
 2017年6月に解散した℃-uteのラストアルバム「℃OMPLETE SINGLE COLLECTION」の収録曲「夢」は津野さんの提供。ハロー!プロジェクト(通称・ハロプロ)ファンだった津野さんは特に℃-uteの大ファンでメンバーとは交流も深かった。
 津野さんは1991年10月生まれ。92年2月生まれの矢島はストーリー機能で「私と同い年だった津野さん。対バンライブや楽屋裏でお話させてもらった事、今でも鮮明に覚えています」と思い出を振り返りつつ、同じ年齢の音楽仲間の急逝を悲しんだ。
 提供曲「夢」は「おばあちゃんになってもまだずっともっと 夢に向かって」などの歌詞もあり、応援歌のような歌。矢島は「解散直前にいただいた『夢』の歌詞に、希望と夢をもらったこと 『夢』を通して力強く背中を押してもらった事今でも本当に感謝しています」と謝意をつづった。
 さらに「私たちにとって、これからもずっとずっと大切な曲です。ハロプロにたくさんの愛を注いで下さって本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」としのんだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ