本文へ移動

「優しく触ってあげてね」 羽咋の園児 移動水族館体験 

2020年10月20日 05時00分 (10月20日 10時51分更新)
サワガニをすくう園児=羽咋市千路町のとき保育園で

サワガニをすくう園児=羽咋市千路町のとき保育園で


 生きものとの触れ合いを通じ、命の大切さを感じてもらおうと、とき保育園(羽咋市千路町)は、移動水族館「みずみずランド」(野々市市)を招いた体験会を催し、三〜五歳児三十一人が楽しんだ。
 サワガニやザリガニ、ドジョウをすくったほか、ウーパールーパーやアカハライモリなどが展示された。古い角質を食べるトルコ原産の魚「ドクターフィッシュ」の水槽に手を入れると、一斉に魚が寄るようすを観察した。
 中屋信枝園長は「優しく触ってあげてね、命だよ」と園児に呼び掛け。園児は、「こわい」「動いとる動いとる」などと歓声を上げ、おそるおそる生きものに触れた。
 山田泰輝ちゃん(5つ)は「ドジョウはあんまり逃げなくて、うまくすくえた。ドクターフィッシュはくすぐったかった」と振り返った。 (林修史)

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧