金融都市誘致に覚悟を 日本証券業協会 鈴木茂晴会長

2020年10月20日 05時00分 (10月20日 10時10分更新)

 「日本は国際金融都市の誘致に向け覚悟を決めるべきだ」と語るのは、日本証券業協会の鈴木茂晴会長。中国の統制強化でアジアの金融センターとしての香港の地位低下は不可避とみて、「取って代わるチャンスを逃してはいけない」と訴える。
 「(日本の都市と)シンガポールなどとの競争になるだろう」と予想。世界の優秀な人材を引き寄せるためにも「特区を設け、所得税率を下げたり金融規制を緩和したりするのも一案だ」と改革実行を掲げる菅政権に秋波を送った。

関連キーワード

PR情報