本文へ移動

「ディープは死んじゃった」だから矢作師はコントレイルに託したい「さらにお父さんの名声を高めて…」

2020年10月20日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢作芳人調教師

矢作芳人調教師

◇連載・無敗三冠に挑む
 「第81回菊花賞」で断然の主役を務めるのが皐月賞、日本ダービーを圧勝したコントレイル。史上3頭目となる無敗三冠に向けて、矢作芳人調教師(59)=栗東=の胸中は…。インタビュー後半の今回、強さの秘密、不安点など、大一番を前にした率直な思いを語ってもらった。
―改めて、矢作師にとっての“三冠”とは。
 矢作師「シンザンに憧れて、競馬に入った人間ですから。日本人にとって“有馬記念が最後の締め”というのと同じで、特別なものだと思います」
 (続けて)
 「高校生の頃、シンザンの写真を部屋に飾っていたからね。あと、一番印象に強いのは(コントレイルの)お父さんであるディープインパクト。それは間違いない」
 ―勝てば、無敗の三冠馬から無敗の三冠馬が誕生することになりますね。
 「ディープは死んじゃったし、さらにお父さんの名声を高めてあげたいと思う」
 ―ファンが知らないコントレイルのエピソードを教えてください。
 「よく寝る。それだけオン、オフがしっかりとできていて休めるということ。寝るということは脚もとが休まるということだから、寝る馬は大好き」
 ―制限付きとはいえ、当日は有観客競馬です。
 「それだけでもうれしいこと。もう少し人を入れてもいいのに、と思いますけど。それでも、無観客とは大きく違うので、入ってくれることはうれしい」
 ―ファンにメッセージをお願いします。
 「ダービーを勝ったあたりから、僕らだけの馬じゃないというか、ファンの馬、日本競馬全体の宝だと思っています。大事に育てていますし、どんな競馬をするか、僕も楽しみにしているので、皆さんも楽しみにして応援してください」
―改めてコントレイルの優れた点を教えて下さい。
 「神戸新聞杯の4コーナーで一番良く分かることだけど、抜ける時のスピードが速いこと。騎手のサインに瞬時に反応する。その速さがあるから不利を受けづらい。スッと抜けられないと前が狭くなることがあるけど、そこのスピードが速いから不利を受けづらい」
 ―舞台の京都が初めてなのは?
 「そういえば初めてだね。ドボドボのひどい道悪になるのだけが嫌だな。枠順は内の方がいいけど、それほど気にしていない」
 ―距離3000メートルについてはいかがでしょう?
 「良馬場でやって普通の競馬をして負ければ、これは距離でしょう。明らかにね。最初から言っているように、適正じゃないことは分かっているので。それでも、能力の高さでクリアしてくれるのでは、と思っています」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ