本文へ移動

長旅の翼休めるコハクチョウ 鯖江・日野川に今季初飛来

2020年10月20日 05時00分 (10月20日 13時11分更新)
川面に吹く秋風にススキが揺れる中、旅の疲れを癒やすコハクチョウ=鯖江市の日野川吉川橋上流で

川面に吹く秋風にススキが揺れる中、旅の疲れを癒やすコハクチョウ=鯖江市の日野川吉川橋上流で

 「冬の使者」と呼ばれるコハクチョウが十九日朝、鯖江市内の日野川に飛来しているのが確認された。ススキの穂が秋風に揺れる中、川面で旅の疲れを癒やす姿が見られた。
 日本野鳥の会福井県会員の納村力さん(77)=鯖江市=によると、県内でコハクチョウの飛来が確認されたのは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報