本文へ移動

1500安打達成のヤクルト・坂口、プロ入りした近鉄に感謝「1日でも長く結果を出し続けることが恩返し」

2020年10月19日 22時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回、坂口は先制適時打を放つ

4回、坂口は先制適時打を放つ

◇19日 阪神1―1ヤクルト(甲子園)
 ヤクルトの18年目、坂口智隆外野手(36)が、地元・兵庫で放った4回の先制打で通算1500安打を達成した。
 「僕みたいな選手が」と謙遜した36歳は「いろんな方の支えがないとここまで野球ができていない。地味にコツコツと積み重ねてきた結果」と謙虚に語った。
 また、兵庫・神戸国際大付高から入団した近鉄で当時エースだった巨人・岩隈がこの日に引退を表明。元近鉄戦士は自身とヤクルトで同僚の近藤だけになり「1日でも長く結果を出し続けることが、自分自身のスタートをつくってくれたところへの恩返しになる」と強調した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ