グッドデザインしずおか 「でるキャップ」大賞

2020年10月20日 05時00分 (10月20日 05時02分更新)
大賞に選ばれたタイカ研究開発部の「でるキャップ」=県提供

大賞に選ばれたタイカ研究開発部の「でるキャップ」=県提供

  • 大賞に選ばれたタイカ研究開発部の「でるキャップ」=県提供
  • 井上玩具煙火の「義助」=井上玩具煙火提供
  • スズハルの「Primelo」=県提供
  • 瓦粋の「粋月」=県提供
 県は十九日、県内の中小企業の優れたデザインや製品を顕彰する「2020グッドデザインしずおか」の受賞者を発表した。五十八点の応募があり、大賞には、衝撃吸収素材などの製造販売を手掛けるタイカ(東京)の研究開発部(静岡市清水区)が応募した「でるキャップ」が選ばれた。
 でるキャップは、地震などの災害時にかぶるポリエチレン製の防災用品。普段は幅三十センチ、奥行き二十六センチ、高さ四センチほどの大きさで、収納場所に困らない平らな形。緊急時に頭に乗せて押し込むと、帽子部分が飛び出し、ヘルメットのように頭部を守る。
 金賞には、井上玩具煙火(島田市)の花火「義助」、瓦粋(袋井市)の高級急須「粋月」、スズハル(磐田市)の音階のあるカスタネット「Primelo」が選ばれた。
 静岡文化芸術大デザイン学科長の和田和美さんを審査員長に、十人の外部識者が審査した。
 その他の受賞者は次の通り。
 ▽匠賞 牧之原の雫茶プレミアムペットボトル(牧之原市の高柳製茶)▽ユニバーサルデザイン賞 焚(た)き火台「IRORI」(沼津市のASOBU)▽特別賞 茶の実の力 抗菌マスク(静岡市葵区の白形傳四郎商店)、DIYロボ まんまる(磐田市のメタルサイエンス)、河童(かっぱ)のプリンとミルクかんてん(清水町の栗原商店)、ランドセルスツール(静岡市葵区のヒノキクラフト)、8の字8みつクッキー(同市駿河区のカクゼン桑名屋)、育休schoola(浜松市東区のNOKIOO)、#タッパーイーツ(静岡市葵区のアースシフト)▽ふじっぴー賞 AMAOTO(同市清水区の東洋音響)

関連キーワード

PR情報

静岡の最新ニュース

記事一覧