菊川・平尾八幡宮で5年に1度の大祭

2020年10月20日 05時00分 (10月20日 05時01分更新)
5年に1度の大祭で披露された御輿(左)と拝殿額(中央(上))=菊川市中内田の平尾八幡宮で

5年に1度の大祭で披露された御輿(左)と拝殿額(中央(上))=菊川市中内田の平尾八幡宮で

  • 5年に1度の大祭で披露された御輿(左)と拝殿額(中央(上))=菊川市中内田の平尾八幡宮で
 七一九年創建と伝わる平尾八幡宮(菊川市中内田)の五年に一度の大祭が、十八日に営まれた。コロナ禍で規模を縮小したものの、大祭と創建千三百年祭の神事を執り行い、氏子総代らが祝った。地域住民には、修復を終えた社号の拝殿額と、市内最古の御輿(みこし)といった文化財が披露された。 
 拝殿に掛かる社号の額は文字が判読できないほど傷んでおり、二〇一九年度に修復した。著名な書家、藤長庚(とうちょうこう)の筆による「八幡宮」が鮮やかによみがえり、今回、住民へのお披露目となった。一七八四年の奉納とされ、部材はケヤキやヒノキなどを使っている。
 市指定文化財の御輿は一七九五(寛政七)年、国学者の栗田土満(ひじまろ)の弟貞良が願主になって製作し、奉納したとされる。老朽化のため、二〇一三〜一四年に大がかりな修復をした。黒漆の光沢と飾り金具の豪華さが目を引く。地域の繁栄を願って二カ所のお旅所に巡行する御輿渡御は大祭でのみ行っているが、今年は控えた。
 御輿渡御や屋台の引き回しといった行事が中止になり、氏子総代の榊原春幸さん(71)は「残念です。五年後のコロナ収束と、御輿渡御ができることを願いたい」と語った。 (河野貴子)

関連キーワード

PR情報