決勝弾ベリンジャーはしゃぎすぎ… 全力エルボータッチで古傷の右肩に違和感 ドジャースは2年ぶりワールドシリーズ進出

2020年10月19日 13時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大喜びするベリンジャーだったが…(AP)

大喜びするベリンジャーだったが…(AP)

  • 大喜びするベリンジャーだったが…(AP)
18日 ナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第7戦 ドジャース4―3ブレーブス(アーリントン)
 ドジャースはブレーブスに4―3で勝ち、2年ぶり24度目のリーグ優勝を決めた。32年ぶり7度目の世界一を目指すドジャースと、球団初の頂点が悲願のレイズは、アーリントンで20日から行われる7回戦制のワールドシリーズ(WS)で激突する。
 伏兵が舞台をお膳立てし、主役が決めた。2―3の6回、代打で登場したキケ・ヘルナンデス(29)が左中間に同点ソロ。すると7回2死、コディ・ベリンジャー外野手(25)が右翼席に勝ち越しソロを放った。
 ベリンジャーは打った瞬間にそれと分かる千金弾で、打球の行方を満喫するようにゆっくり一塁へ歩き出すと、ベンチに向かって胸を右拳で2度たたき、雄たけび。一塁到達まで9・8秒をかけた。元日本ハムの右腕マーティンがど真ん中に投じてしまった94マイル(約151キロ)の失投を見逃さなかった。
 2017年は新人王、昨季は47本塁打でリーグMVP。18年、ブルワーズとのLCS第7戦もWS進出に直結する逆転2ランを右中間に放ち、シリーズMVPを獲得。またも大舞台での強さを見せつけ、中継局FOXのツイッターは18年のアーチ動画を添付し、「ベリンジャーは第7戦本塁打のコツを知っている」と伝えた。
 ただ、生還後にジャンプしてヘルナンデスと歓喜のエルボータッチを交わした際、勢いが強すぎて右肩を痛めた。ベンチでは顔をしかめ、守備に就いても右肩をさするしぐさが見られた。昨年も一塁守備でダイビングキャッチを試みた際に右肩を痛めた過去があり、WSに影響がないか懸念される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ