本文へ移動

<みかわの名建築>(1) 旧本多忠次邸(岡崎市欠町)

2020年10月19日 05時00分 (10月19日 11時16分更新)
国登録有形文化財の「旧本多忠次邸」=岡崎市欠町で

国登録有形文化財の「旧本多忠次邸」=岡崎市欠町で

  • 国登録有形文化財の「旧本多忠次邸」=岡崎市欠町で
  • 大学卒業まで暮らした「自宅」の思い出を語る本多さん=岡崎市欠町で
 赤褐色のフランス瓦の屋根に、外壁はクリーム色のモルタルで仕上げたスパニッシュ様式の昭和初期の洋館が、岡崎市欠町の東公園の一角に立つ。九十年近く前に東京都世田谷区で建てられ、徳川家康の重臣・本多忠勝の末裔(まつえい)の本多忠次さん(一八九六〜一九九九年)の一家が住んでいた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧