岡田准一&神木隆之介、会社の先輩後輩役でCM初共演 休憩中は「一人カラオケ」の話題で大盛り上がり

2020年10月19日 04時00分 (10月19日 23時07分更新)
『-196℃ストロングゼロ』新TVCM「あたらしいつよさ。文句は世界を変えられる?」篇に出演する(左から)神木隆之介、岡田准一

『-196℃ストロングゼロ』新TVCM「あたらしいつよさ。文句は世界を変えられる?」篇に出演する(左から)神木隆之介、岡田准一

  • 『-196℃ストロングゼロ』新TVCM「あたらしいつよさ。文句は世界を変えられる?」篇に出演する(左から)神木隆之介、岡田准一
 V6の岡田准一と俳優の神木隆之介が、19日より全国オンエアされるサントリー缶チューハイ『-196℃ ストロングゼロ」の新テレビCM『あたらしいつよさ。文句は世界を変えられる?』篇に出演している。1995年から芸能活動をスタートさせた“同期”でありながら、意外にも今回のCM撮影が初共演。2人は先輩後輩役で出演し、コミカルな会話劇を熱演している。
 新CMは、神木の背中越しに「お前さ」と話し掛ける岡田のシーンからスタート。振り返った神木に「文句ばっかり言ってたら何も前に進まないだろ?」と苦言を呈する。ところが、先輩である岡田の強い口調にもひるむことなく、神木は「僕は改めません」とキッパリ答える。
 神木の反応が意外だったのか、思わず「えっ?」と言葉に詰まる岡田。一方の神木は、毅然(きぜん)とした態度を崩すことなく「文句言わなきゃ変わらないから、この世界」「変えてから進めたほうがいいじゃないですか」と口にする。思いも寄らない展開に「いや…や、でもさ…」と動揺しながらも、何とか平静を装い、岡田は神木の方に一歩踏み出す。ここで先輩として、神木を戒める言葉が出てくるのかと思いきや、岡田は突然大声で「たしかに!」と納得して「そうかも! お前いいこと言うな。うん、文句だいじ」と感心しながら、神木の横を通り抜ける。予想外の展開に、岡田の背中をあぜんと見つめる神木。振り返った岡田は、さっきまでの浮かない顔から一転、晴れ晴れとした表情で「よし、文句にカンパイ!」と言い放つ。
 夕日が差し込む広い屋上へ場所を移し「新ストロングゼロ」で勢いよく乾杯する岡田と神木。テンションが上がり陽気な岡田が、目の前に広がる海に向かって「海のバカヤロー!」と大声で叫んでいるその隣で、神木さんが「海に文句?」とボソッとツッコミを入れる、というストーリーだ。
 男同士のシリアスな言い争いから一転、神木の考えを真っ向から否定し、説得するはずだった岡田が、逆に後輩の意見に納得し、肯定する側に回ってしまうシーン。ここでは「や、でもさ…たしかに!」という、普通の文脈ではなかなか使わない言い回しに加え、否定から肯定へ180度、表情や仕草などを瞬時に 切り替える難しい芝居が求められた。岡田は持ち前の高い集中力を発揮し、コミカルな演技でOKテイクを連発。後輩役の神木との息もぴったりで、現場を大いに盛り上げた。
 また1995年から芸能活動をスタートさせた“同期”でありながら、意外にも今回のCM撮影が初共演となる岡田と神木。長きに渡って芸能界の第一線で活躍してきた2人だけに、休憩中はそれぞれが過去に出演した大河ドラマ撮影時の裏話や、最近の映画、ドラマなど、共通の話題で盛り上がった。そこからトークの話題はプライベートに及び、神木が「僕、趣味が多いんですよ。将棋、オンラインゲーム…」と切り出し、自らの多趣味についてコメント。中でも岡田の興味を引いていたのが「一人カラオケ」で、「2時間以上、歌うこともあるぐらい大好きです!」とその魅力を熱っぽく語り、岡田を驚かせていた。

関連キーワード

PR情報

エンタメ総合の最新ニュース

記事一覧