【2020とやま知事選】終盤戦へ 訴え奔走 最後の日曜 3候補ドキュメント

2020年10月19日 05時00分 (10月19日 12時36分更新)

【右】支援者とグータッチを交わす新田八朗さん=18日、富山市で(長森謙介撮影)【中】駆け付けた支持者と言葉を交わす川渕映子さん=18日、富山県射水市で(山岸弓華撮影)【左】道路沿いでドライバーに手を振る石井隆一さん=18日、富山県高岡市で(酒井翔平撮影)


◇新田さん 孫を抱いて地元歩く


◇川渕さん 頑張れコールに笑顔


◇石井さん 夫婦円満の秘訣披露


 富山県知事選は十八日、選挙中の最後の日曜日を迎えた。新人で前日本海ガス社長の新田八朗さん(62)と新人で非政府組織(NGO)代表の川渕映子さん(71)、現職の石井隆一さん(74)=自民党県連、公明党県本部、国民民主党県連推薦=は各地で有権者と触れ合いを重ね、支持拡大を図った。(富山県知事選取材班)
 午前9時10分 川渕さん、射水市太閤山の県営住宅前で演説。握手の代わりに“ひじタッチ”を交わした住民男性は「女性の候補者に新鮮味を感じる」。
 10時35分 新田さん、孫を抱きながら、地元の富山市千石町を支援者とともに練り歩く。「生まれ育った町なのでホッとする」
 11時20分 新田さん、富山駅前で街宣。途中、女子中学生二人から「頑張って」の声に「ありがとう。将来の勉強のため興味を持ってね」と呼び掛ける。
 11時30分 石井さん、高岡市のイオンモール高岡前で遊説をスタート。「北陸新幹線の大阪延伸など残された課題を解決したい」と県政継続を訴える。
 11時55分 石井さん、新高岡駅に到着。利用客に手を振られると立ち止まって手を振り返す。新幹線に乗り、次の演説会場の黒部宇奈月温泉駅に向かう。
 午後0時 新田さん、富山市稲荷元町のアピアで買い物客にアピール。「新田候補が巡回中です」と店内放送が流れ、驚きの声も上がった。昼食はヒレカツ丼と野菜ジュース。
 1時20分 川渕さん、高岡市高美町の公園で訴え。終了間際に近隣住民らから「頑張れ、頑張れ、川渕」コールが起こり、満面の笑みを浮かべる。
 2時5分 富山駅前で野田聖子・自民党幹事長代行が石井さんの応援演説を行う。「ミスター男女共同参画社会。女性を支える県政をつくってほしい」
 3時35分 川渕さん、新高岡駅北口付近で演説。「命を支え、県民のために働きます」という訴えに、支持者らが「そうだ」と合いの手を入れる。
 3時45分 石井さん、富山市の富山国際会議場で決起大会に臨む。「夫婦円満の秘訣(ひけつ)は」との参加者の質問に「お互いに大切にしてることを尊重し合うこと」と照れながら答える。
 6時 新田さん、富山市堀川小学校で個人演説会。富山を訪れていた親友で俳優の辰巳琢郎さんも耳を傾けた。支援者との「変えていこう」コールで、一日の活動を締めくくる。
 7時 川渕さん、射水市の大門総合会館で個人演説会。「子どもに寄り添う富山にするため、十八歳までの医療費無料化や少人数学級を実現する」と熱弁を振るう。

関連キーワード

PR情報