林家三平「イクメンとイケメンを間違えられて『あんたでいいの』って」 原口あきまさらと子育てパパ表彰

2020年10月18日 22時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「第10回イクメンオブザイヤー2020」で各部門賞を受賞した(左から)ものまね部門の原口あきまさ、芸能部門の小林よしひさ、落語家部門の林家三平、動画クリエイター部門のカジサック

「第10回イクメンオブザイヤー2020」で各部門賞を受賞した(左から)ものまね部門の原口あきまさ、芸能部門の小林よしひさ、落語家部門の林家三平、動画クリエイター部門のカジサック

  • 「第10回イクメンオブザイヤー2020」で各部門賞を受賞した(左から)ものまね部門の原口あきまさ、芸能部門の小林よしひさ、落語家部門の林家三平、動画クリエイター部門のカジサック
 今年一番育児を楽しんだパパを表彰する「第10回 イクメン オブ ザ イヤー2020」の授賞式が18日、東京都内で開かれ、落語家の林家三平(49)、ものまねタレントの原口あきまさ(44)ら5人が表彰された。
 三平は「おふくろ(海老名香葉子さん)が『あんたでいいの』と驚いていた。イクメンとイケメンを間違えてた」と明かし笑いを誘った。
 原口は、プライベートで子どもをしかる際「『やっちゃったよっ』って三村(さまぁ~ずの三村マサカズ)さんの物まねになってる」と明かした。
 お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(40)はユーチューバーでの名前であるカジサックとして受賞。「ユーチューブで『いつか(この賞を)とりたい』と言ってきた。夢は伝えれば実現する。嫁さんやったぞ!」と叫んだ。
 ほかにNHK「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんを務めた経験のある体操インストラクターの小林よしひさ(39)とラグビーの山田章仁選手(35)が受賞した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ