長良川国際トライアスロン 浜松の石田選手が女子2位

2020年10月19日 05時00分 (10月19日 05時01分更新) 会員限定
長良川国際トライアスロンで女子総合2位の石田凪帆選手=岐阜県海津市の国営木曽三川公園で

長良川国際トライアスロンで女子総合2位の石田凪帆選手=岐阜県海津市の国営木曽三川公園で

  • 長良川国際トライアスロンで女子総合2位の石田凪帆選手=岐阜県海津市の国営木曽三川公園で
 第三十五回長良川国際トライアスロン大会(中日新聞社共催)が十八日、岐阜県海津市の国営木曽三川公園で開かれ、浜松市の石田凪帆選手(27)が女子総合二位に入賞した。
 ゴール直後に脚はフラフラ。その疲労感が心地よかったという。本格的なレースは昨年の日本選手権以来、一年ぶり。バイクをトップで抜けたものの、最後のランで及ばなかった。
 「コロナ禍で練習に苦労しているのはどの選手も一緒。マイナスに考えずレースができたことが一番の収穫」と話す。今季はバイクを重点的に強化して「力試しができた」と手応えがあった。
 学生時代の二〇一五年に三位入賞して以来の長良川を駆け抜けた。今はスポーツジムのインストラクターとして働きながら競技に打ち込む。「今季はこれで終わり。来年は心配事なくレースができれば」と語った。 (藤野治英)
【県勢の成績】
 ▽男子 (30)足立健児(47)牧野禎也(49)小林祐太(57)潮明良(107)榎戸敬人(139)鈴木茂之(255)海老名英彰▽女子 (2)石田凪帆

関連キーワード

PR情報