和紙あかりアート、名勝にほんのりと 美濃で展示始まる

2020年10月19日 05時00分 (10月19日 05時00分更新) 会員限定
あかりアートと緑のモミジの対比を楽しむ見物客=美濃市大矢田の大矢田神社で

あかりアートと緑のモミジの対比を楽しむ見物客=美濃市大矢田の大矢田神社で

  • あかりアートと緑のモミジの対比を楽しむ見物客=美濃市大矢田の大矢田神社で
 「第二十七回美濃和紙あかりアート展」(美濃市観光協会、実行委主催、中日新聞社など後援)の一般部門の作品の展示が十八日、市内の大矢田神社、小倉公園、川湊公園の三カ所で始まった。
 例年は十月第二週の土日に市街地のうだつの上がる町並みに作品を並べるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大で取りやめになり、代わりに市内の名勝に分散して展示した。
 大矢田神社では楼門を挟んだ参道約百メートルに五十六作品が並んだ。午後四時に作品の明かりがともると見物客は写真を撮ったり、作品をじっくり鑑賞したりして緑のモミジとあかりアートの対比を楽しんでいた。
 観光の帰りに寄ったという名古屋市の中野博さんは「作品一つ一つが奥深くメッセージ性を感じた。町並みに並ぶのとは一味違った趣がある」と話した。
 作品は二十四日まで展示し、午後四〜九時は明かりがともる。大賞などは美濃和紙あかりアート館(同市本住町)で展示している。 (秋田耕平)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報