<ユースク>反響の一部を紹介

2020年10月19日 05時00分 (10月19日 05時00分更新)
 これまでのユースクの記事に寄せられた反響の一部を紹介します。

「自宅への出張費支給」(9月23日付朝刊)

 自粛期間中に在宅勤務を迫られた人たちには身近な話題だったようです。実体験や、コロナ禍での「新しい働き方」への意見が多く寄せられました。
 ◇...在宅を推進するようにと国から通知文書はありましたが、地方組織では具体的に推進する動きが見えません。私の部署では9月に入って、やっと在宅勤務用のパソコンが導入されましたが、3人に1台の状態です。職場のサーバーにアクセスできず、仕事のメールも見ることができません。光熱費や通信費は全て自腹です。
 ◇...3月から在宅勤務がメイン。社員のほとんどが通勤手当を支給されていません。オフィスへの出勤も部署によって曜日が決まり、立て替えて月末に費用を請求し振り込まれます。定期券を解約しました。
 ◇...定時後の取引先との電話対応、事務処理は何時間仕事をしても残業代は一切つかない。休日も体温や体調についてメール連絡する規則になった。時間外手当の支給対象では?

「GoToトラベル使ってもバスツアーなぜ割高感」(10月11日付朝刊)

 賛否さまざまな声がありました。
 愛知県尾張旭市のパート女性(53)も割高になるのを疑問に思っていたが、記事を読んで気持ちが変わったといいます。
 ◇...「こんなぼったくりの会社使うもんか!」と思っていました。ですが、苦境に立ちながら、精いっぱい努力され、頑張っている旅行会社を応援したい気持ちになりました。特に、嫌な取材にも答えたクラブツーリズムに好感を持ちました。
 ◇...やっぱり同じように思う人がいることが分かった。旅行社が「GoTo」の適用分を便乗でもうけているとしか思えない。せっかく安くなるから利用しようと思ったのに、メリットなしで腹が立つ。
 ◇...飛行機や鉄道、船、ロープウエーなどが稼働率が少ない中で整備費や人件費など固定費がかかる。安全第一を理解してもらい、いかに経済を安定的にしていくかを考える材料となればいいと感じます。
 ※名前や個人が特定される可能性がある内容は省略しました。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧