浦和・興梠「記録に残るのはうれしいけど…深くは考えない」歴代4位J1通算154得点にも平然

2020年10月18日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浦和・興梠

浦和・興梠

  • 浦和・興梠
 ◇18日 J1第23節 浦和6―0仙台(埼玉スタジアム)
 浦和のFW興梠真三(34)が自身で得たPKを含む2得点で6発大勝に貢献。磐田やFC東京で活躍した前田遼一(現J3岐阜)の歴代4位に並ぶJ1通算154得点とした。
 「記録に残るのはうれしいことだけど、まずはチームのために全力で戦い、勝つために点を取ることが第一。特に深くは考えない」
 2013年の浦和加入後、仙台戦は出場16試合18得点。“お得意様”相手にゴールを重ねたベテランに呼応するようにチームも大勝を飾り、ホームでは8月29日の大分戦以来6戦ぶりの白星。「ふがいない試合が多かったが、今日は『どうしても勝ちたい』という気持ちが結果につながった」と満足そうに試合を振り返った

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ