継投が裏目…楽天3連敗 勝ち越し直後に登板のジョンソン踏ん張れず 三木監督「いろんな判断でいった」

2020年10月18日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・ジョンソン

楽天・ジョンソン

  • 楽天・ジョンソン
◇18日 ソフトバンク11―4楽天(ペイペイD)
 楽天が投壊で3連敗。再び借金生活となり、4位の西武に0・5ゲーム差まで詰め寄られた。痛かったのは2点を勝ち越した直後の5回の守備だ。
 2番手のジョンソンが俊足・周東に二盗と三盗を許すと、暴投で3点目を献上。1死からグラシアルの左前適時打で同点に追いつかれた。8回は牧田が2連打を浴びて、勝ち越されるなど一挙7失点。2失点だった先発の滝中を4イニング限りで降板させたことが裏目に出た。それでも、三木監督は「いろんな見解はあると思うけれど、こちらとしてもいろんな判断でジョンソンにいった」と説明した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ