本文へ移動

新幹線金沢ー敦賀間「23年春開業望む」 JR西社長、特急存続は否定

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 15時13分更新)
 JR西日本の長谷川一明社長は十六日、大阪市の本社で記者会見に臨んだ。開業の遅れが懸念されている北陸新幹線金沢−敦賀間について「予定された二〇二三年春開業を望んでいる。年末にかけての議論を見守っている」と述べた。
 金沢−敦賀間は、一部の工区で工事が逼迫(ひっぱく)している。与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームは、年末までに開業時期や建設費などを精査する方針を示している。
 長谷川社長は、開業が遅れる可能性が浮上したことに...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧