小浜で飲食、領収書の金額に8か4 若狭塗箸プレゼント 

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 12時26分更新)
レシートの提示でもらえる若狭塗箸と箸袋のセット=小浜市福谷の箸のふるさと館で

レシートの提示でもらえる若狭塗箸と箸袋のセット=小浜市福谷の箸のふるさと館で

  • レシートの提示でもらえる若狭塗箸と箸袋のセット=小浜市福谷の箸のふるさと館で

23日から


 小浜商工会議所と若狭塗箸協同組合は、小浜市内で飲食し、レシートの金額に「8」か「4」が入っている人に若狭塗箸をプレゼントする「マイ箸PR普及事業」を二十三日に始める。
 新型コロナウイルスの影響で業績が落ち込む地場産業支援の一環。マイ箸の浸透と若狭塗箸の知名度アップを図り、販売促進につなげる。
 対象店舗は市内の全飲食店で、テークアウトは除く。飲食代金が「1800円」や「4500円」など、8または4(ハ・シ)が記されたレシートを、同市福谷の箸のふるさと館に持って行くと、若狭塗箸と箸袋のセットがもらえる。
 二千二百円相当のセットを三百個用意。受け取りをふるさと館にすることで、館内にずらりと並ぶ若狭塗箸の魅力に触れ、家族分を購入してもらうなどの効果を期待する。受け取った箸をインスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)に投稿してもらうよう依頼もし、PRへの協力を呼び掛ける。
 同商議所の担当者は「観光客はもちろん、市民にマイ箸を持つ意識が広がるきっかけになれば」と話している。事業期間は二十三日の飲食から来年二月末まで。箸セットがなくなり次第終了する。 (鈴村隆一)

関連キーワード

PR情報

ふくい地域ニュースの最新ニュース

記事一覧