落書き本など展示 マナー向上を訴え 松任、鶴来図書館

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 11時31分更新)
利用者のマナー向上を呼び掛ける展示=白山市古城町で

利用者のマナー向上を呼び掛ける展示=白山市古城町で

  • 利用者のマナー向上を呼び掛ける展示=白山市古城町で
 白山市松任、鶴来の両図書館は、落書きされたり切り取られたりした本を展示し、利用者にマナー向上を訴えるキャンペーンを展開している。十一月八日まで。
 松任図書館では、一階にキャンペーンのコーナーを設置。料理のレシピが切り取られた本や、食べこぼしで汚れた本、ぬれて変形しカビも生えた本などが並ぶ。丁寧に扱ってもらおうと、切り取りにはコピーの活用、折り曲げには付箋やしおりの使用などの提案も張ってある。子どもの落書きの防止では、「本や筆記用具をお子さんの手の届かないところへ」と呼び掛けている。
 同館の担当者は「本はみんなの財産。次の人が気持ち良く利用できるよう、心掛けてほしい」と話している。(飯田克志)

関連キーワード

PR情報