<三河撮りある記>(43) 伊良湖岬・糟谷磯丸の銅像

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 11時46分更新) 会員限定

磯丸の銅像は海を見つめている=いずれも田原市伊良湖町で

「まじない歌」を詠んだ磯丸の銅像

 渥美半島の先端、伊良湖岬で、筆と短冊を手にする歌人の像が海を見つめる。波が砂浜を打つすぐそばにあるのは田原市出身の歌人糟谷磯丸(一七六四〜一八四八年)の銅像だ。磯丸は無病息災などの思いを込めて人に贈る「まじない歌」を詠んだことで知られる。
 磯丸は、江戸時代に現在の田原市伊良湖町の漁師の家に生まれた。文字を書くことができなかったが、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報