スマホながら運転「体も心も傷つける」 東海市で則竹さん講演

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 10時57分更新) 会員限定
へこんだ水筒を持ち、事故の状況を伝える則竹崇智さん=東海市立文化センターで

へこんだ水筒を持ち、事故の状況を伝える則竹崇智さん=東海市立文化センターで

  • へこんだ水筒を持ち、事故の状況を伝える則竹崇智さん=東海市立文化センターで
 二〇一六年十月、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」をしながら運転するトラックにはねられ死亡した一宮市の則竹敬太君=当時(9つ)=の父崇智さん(50)が十七日、東海市立文化センターであった県トラック協会知多支部の交通安全・事故防止特別講演会で、「スマホは使い方を間違えると肉体も心も傷つける」と訴えた。
 講演会には同支部加盟の企業から約百二十人が参加した。崇智さんは事故当時の心境や家族の様子を丁寧に説明した。事故で大きくへこんだ敬太君の水筒を持参。事故を目の前で見た長男が、弟の敬太君のために水筒を直そうとしていた様子についても語った。崇智さんは「伝えないとまた同じことが起きてしまうかもしれないと思い、さまざまな活動をしてきた」などと述べた。
 知多支部の青木均支部長は「則竹さんの話を聞き、各社で安全教育に生かしてほしい」と話した。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報