デアリングタクトは調教の動きがいいですし、仕上がりに不安はありません【松山弘平コラム】

2020年10月18日 08時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

  • 松山弘平
 先週からお客さんが競馬場に戻ってきました。まだ完全ではありませんが、久しぶりの有観客。乗っていて、やっぱりいいなと思いました。残念ながら桜花賞、オークスは無観客でしたが、秋華賞を見てもらえてうれしいですし、お客さんに喜んでもらえるような結果を出したいですね。
 日曜は京都で11鞍の依頼を頂きました。2Rのトウシンモンブランは、前走が案外でしたが、休ませて良くなっていれば。5Rのコールドショットは水準の素質はありそう。6Rのジャミールフエルテは距離を延ばすのがいい方に出れば。8Rのモダスオペランディは前走の内容だと展開の助けが必要かも。9Rのアスコルターレは前走乗っていないので何とも言えないのですが、間隔をあけたことによる成長に期待。10Rのゴールドスミスは3走前の競馬ができれば、もう少しやれていいと思います。
 11Rのデアリングタクトは調教の動きがいいですし、仕上がりに不安はありません。スムーズに運べれば結果はついてくると思っていますし、史上初の無敗の牝馬三冠を決められるよう全力で頑張ります。12Rのペオースは前走の勝ちっぷりが良かったですし、昇級でも通用の期待を持っています。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ