Snow Man目黒蓮 髪バッサリは役作り! 涙の日々に聴いたSMAP…キムタクとの共演感慨

2020年10月18日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
目黒蓮が演じる警察学校の生徒・杣利希斗

目黒蓮が演じる警察学校の生徒・杣利希斗

  • 目黒蓮が演じる警察学校の生徒・杣利希斗
 俳優の木村拓哉(47)主演で昨年1月に放送されたフジテレビ系スペシャルドラマの続編「教場2(仮題)」(来年1月2夜連続放送)に、アイドルグループ「Snow Man」の目黒蓮(23)が生徒役で出演する。ジャニーズ事務所に入所後、何もかもがうまくいかずに落ち込んでいたとき、SMAPのある楽曲を聴いて自分を奮い立たせていたという目黒は、そのメンバーだった大先輩との初共演に感激しきりだ。
 「あの時にすごいパワーをいただいた方が自分の目の前にいて、お仕事できているんだというのがすごく感慨深かったです。今でもたまに聴きますが、聴くだけで当時のことを全部思い出して、涙が出ちゃうくらいです」
 中学~高校のころに挫折し、行くのも嫌なレッスンに通う電車の中で、目黒が聴いていたその楽曲は、SMAPの「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」。路頭に迷い、苦しむ人たちの背中を優しく押してくれる歌詞の内容になっている。
 「当時は本当につらかったです。でも、そんなところにいた自分がこうやってご本人と一緒にお仕事できているというのは、人生本当に何があるか分からないなと思っています」。恩人でもある先輩との共演に気を引き締めるとともに、ワクワク感も止まらない様子だ。
 「せっかくご一緒できるので、その時間、緊張感、全てを味わえることは自分にとってものすごく勉強になるので、その空間を楽しみたいと思います。芸能界のトップを走られている方なので、お芝居についてどんなことを意識されているのかなどできる限り聞いて、勉強したいと思っています」
 警察学校を舞台にしたドラマは、木村演じる冷徹で“最恐”の教官・風間公親が「警察学校は生徒をふるいにかける場所」という考えのもと、他を寄せ付けることすら許さない凄(すご)みのある立ち居振る舞いで、生徒たちを震え上がらせる。目黒はその200期生のひとりで、冷静な観察眼を持ち、警察一家に生まれた杣利希斗(そま・りきと)を演じる。
 3年半ほど続けてきたテクノカットをバッサリ切って短髪姿に。8月15日にはファンに向けた動画では「最近伸びてたからウザくて切っちゃえと思って」とごまかしていたが、実は役作りだった。「ここまでの短髪は人生初ですね。メガネも普段はしないので、ファンの方は、この姿をどう見られるんでしょうね」と気にしているようだ。
 まだSnow Manのメンバーにもこのドラマに出演していることを伝えていないため、当然髪を切った本当の理由も知らない。「僕が言うよりも、世の中にバン!と、情報が出てから知ったほうがメンバーのみんなは喜んでくれるだろうと思っています」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ