塀の中(松本少年刑務所)の学び舎で 人生やり直す希望生む 松本貴明(三重総局)

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 05時00分更新) 会員限定
ことし1月、分校生が一人一人抱負を述べた発表会。白板には思いを一言にまとめた書き初めが並んだ=長野県松本市の松本少年刑務所「桐分校」で

ことし1月、分校生が一人一人抱負を述べた発表会。白板には思いを一言にまとめた書き初めが並んだ=長野県松本市の松本少年刑務所「桐分校」で

  • ことし1月、分校生が一人一人抱負を述べた発表会。白板には思いを一言にまとめた書き初めが並んだ=長野県松本市の松本少年刑務所「桐分校」で
 人にとって「学ぶ」とはどんな意味を持つのか。松本少年刑務所内にある「旭町中学校桐分校」(長野県松本市)は、刑務所内にある日本でたった一つの中学校。昨年四月の入学式からことし三月の卒業式まで、二十代から六十代の六十五期生四人の一年を「塀の中の学び舎(や)で」と題して長野版で連載し、学ぶことの意味を考えた。

教育の機会恵まれず

 四人とも教育を受ける機会に恵まれなかった。「いつも負い目となり、学力不足により社会でつらい思いを多くしました」。入学式での言葉が耳に残った。
 分校は一九五五年、当時、同刑務所の受刑者の八割が戦争による社会混乱などで中学を卒業しておらず、当時の所長や松本市教委などが更生や社会復帰に役立ててもらおうと、設置。全国の刑務所から希望者が選ばれ、これまでに七百六十人が卒業。現在は修了・未修了を問わず、受刑者を受け入れている。
 白髪で他の三人の倍の人生を重ねた山田さん(63)=仮名=は中学卒業後、板金工場や水産加工会社に二十年以上勤めた。倒産した後、牛乳や新聞を配達しながらアルバイトを掛け持ちし、四人の娘を高校に行かせたが、長女とけんかして家出し、金に困って二度強盗をした。「本...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

ニュースを問うの最新ニュース

記事一覧