<なんしん見聞録>飯田の丸恵食堂 地域とともに55年、リニア関連工事で閉店 

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 05時01分更新) 会員限定
長年掲げたのれんを前にほほ笑む丸山さん夫婦=飯田市の丸恵食堂で

長年掲げたのれんを前にほほ笑む丸山さん夫婦=飯田市の丸恵食堂で

  • 長年掲げたのれんを前にほほ笑む丸山さん夫婦=飯田市の丸恵食堂で
  • 一般家庭の食卓のような雰囲気の店内=飯田市の丸恵食堂で
  • 丸山さんおすすめ、十穀米のヘルシーランチ=飯田市の丸恵食堂で
 仕事に精を出すサラリーマンたちに愛されてきた飯田市上郷飯沼の定食屋「丸恵(まるえ)食堂」が三十一日、五十五年間掲げてきたのれんを下ろす。リニア中央新幹線開通に向けた周辺道路改良工事で、経営を続けるのが難しくなったためだ。店主の丸山孝さん(67)は「お客さんに支えられてやってこれた」と感謝の思いを胸に、最後の二週間、全力で得意客の胃袋を満たす。
 たくさんの車が行き交う国道153号沿いで、控えめに看板を掲げる丸恵食堂。外観は一般住宅のよう。のれんをくぐると、食卓にテレビ、カウンター越しに中が見える調理場、店内もやはり、実家に帰ってきたかのような家庭的な雰囲気が広がる。
 前身は丸山さんの伯母が戦前、同市天竜川の弁天橋近くで始めた料亭「松流亭」。伊那谷に大きな被害を出した三六災害(一九六一年)の後、治水のための護岸整備で移転対象となり、六五年に現在の場所で、料理人だった父も加わって丸恵食堂を開いた。丸山さんは調理師学校を出た後に店を手伝い始め、父と伯母が他界してからは、妻のちえ子さん、長女の房枝さんと三人で切り盛りしている。
 二〇一九年の市の住民説明会で、丸山さんの土地が改良工事の対象となる...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報