<わたシガ名探偵!> ブラジルスーパーってどんな所!?

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 05時01分更新) 会員限定
一番人気だという牛肉のブロック肉などが並ぶ店内=甲賀市水口町のポント・ビアルで

一番人気だという牛肉のブロック肉などが並ぶ店内=甲賀市水口町のポント・ビアルで

  • 一番人気だという牛肉のブロック肉などが並ぶ店内=甲賀市水口町のポント・ビアルで
  • 人気商品という豆類やコーヒー、ベトナムラーメンなどを紹介するマルヤマ・ルイズさん(右)とクラウジャさん=甲賀市水口町のポント・ビアルで
 県内各地を車で走っていると時々、ブラジル国旗やポルトガル語の看板が目印の「ブラジルスーパー」を見かける。県内に住む約三万人の外国人住民の生活には欠かせない存在と聞くが、どんな場所なのだろうか? 疑問を解くべく、甲賀市水口町にあるブラジルスーパー「ponto br(ポント・ビアル)」に向かった。(森田真奈子)

■アジア食材も充実

 スーパーというよりコンビニほどの広さの店内には、肉や豆類、お菓子、野菜などの食材や、シャンプーや洗剤などの生活用品まで五百種類以上の商品がびっしり。平日には約百二十人、休日には約四百人のブラジル、ペルー、ベトナム人らが訪れる。
 十二年前から店を営むブラジル人のマルヤマ・ルイズさん(56)、クラウジャさん(48)夫妻によると、一番人気は牛肉などの肉類。食材は名古屋や大阪の貿易業者から仕入れており、冷蔵ショーケースには、オーストラリア産のランプやイチボのカット肉のほか、大きいものでは八キロもあるブロック肉も並ぶ。南米出身者らがバーベキュー用に購入するほか、一キロ二千円ほどと、日本のスーパーより価格が安いため、日本人客にも牛肉は人気だという。
 ブラジルの食卓に欠かせな...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報