アマチュアの河本力は2位後退も最終日へ泰然自若「目標の3アンダーをクリアできて、優勝できなければ仕方ない」

2020年10月17日 20時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
河本力

河本力

  • 河本力
 ◇17日 男子ゴルフ 日本オープン第3日(千葉・紫CCすみれC)
 
 単独首位で出たアマチュアの河本力(20)=日体大3年=はスコアを1つ落とし、通算4アンダーで2位に後退。ただ楽しそうにプレーするその姿は、最終組を追うテレビ中継のカメラにも映し出された。
 「カメラは慣れていないけど、嫌な感じはしない。緊張はするけど対応力がある。楽しむというか、緊張しないとスーパープレーは生まれない」。初出場の大舞台。41歳のベテランの谷原と肩を並べて歩いても、ゴルフを始めたときと同じような振る舞いを18ホール続けた。
 最終18番パー5で試練が訪れた。日本人ではめったにいない平均飛距離330ヤードというドライバーを強振。しかし、球は右隣の13番ホールへ飛んだ。18番へ戻すには林の中を通さないといけない。2打目は狙いと別方向へ飛び出したが、運良く木々の間を抜けた。「ラッキーでした」。169ヤードの3打目を2メートルにつけた。
 ただ、バーディーパットは球を置こうとしても動くので、何度もやり直す。ピッチマークの修復も完全にはできない。球がぎりぎりで止まったところから打とうとすると競技委員が寄って来て、誤所からのプレーの可能性を指摘された。マーカーを後ろにずらし、ボールの止まった位置から打った球はカップの横を抜けた。
 「あのまま打っていたらペナルティーだったかもしれない。でも、あれで、ラインを忘れちゃって」。小さなことにとらわれず、全てを受け入れる度量の大きさがある。
 この日はティーショットが右に左に曲がり、ラウンド中は原因をつかめなかった。「(最終日は)目標の3アンダーをクリアできて、優勝できなければ仕方ない。できたら幸せ」。あくまで追うのはスコア。優勝はおまけだと思いながら最後の18ホールを戦う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ